士業が必要な多くの問題~相続や事故はスペシャリストにお任せ~

電話

事前相談で簡単解決

パソコン

相続は身内で問題が拗れてしまうと良い結果になりません。弁護士に事前に相談をしておくと解決もスムーズに行うことができます。あらかじめ早くから取り組むことが大切です。

Read More

まずは医師の診断

男性

交通事故に関しては、怪我がどの程度なのかを詳しく診断してもらう必要があります。慰謝料の請求額を決める際の目安になるため、医師の診断を仰いで後遺障害かの認定を受けるようにしましょう。

Read More

事故の治療

サラリーマン

交通事故でおった怪我は医療機関で治療することができますが、回復に至らない場合には後遺障害の可能性を考えてみることです。專門機関に依頼することで、後遺障害かを調べることができます。

Read More

弁護士の仕事

相続問題は法律家の仕事です

パソコン

相続が発生したら、誰に相談するのがいいか、という問題があります。まず最初に思い浮かぶのは、弁護士です。弁護士でも相談に載ってくれますが、比較的複雑な事案の場合は弁護士に相談することが多いようです。一方で、行政書士や司法書士でも一般的な相続に関しての相談をすることが出来ます。行政書士や相続人の間での話し合いの結果を書類にしたりする専門家ですし、司法書士は土地などの不動産を相続したことに合わせて、登記したりすることを専門とする人です。いずれの場合も相続する人の関係や、人数、様々な事実をしっかり確認して、手続きを進める必要があるので、弁護士でなくても法律を専門とする士業者でも相談をすることは可能です。

適切な相談相手を探す方法

弁護士や行政書士、司法書士でも相談することが出来ますが、実際に相談する先として探すときは、自宅近くで開業している人に相談することが一番早いですが、相続を専門としていないことがあります。法律を専門とする士業は取り扱う範囲が広いため、各自専門分野を持っていることが多いです。ですから、知り合いから紹介を受けてもそのまま仕事をお願いできることもありますが、別の依頼先を紹介されることがあります。また、実際にどの士業に相談したらいいのかわからない場合は、各士業の会に連絡するか知り合いの士業から紹介してもらうことが可能です。一般の人にはわかりにくい内容や、専門分野、さらには認識している以上の課題がある場合もあるので、専門家に手続や相談を依頼してすすめることが望ましいです。